金沢のカフェ【カフェ・アルコ】のハントンライス

能登島から金沢まで移動して、駅構内のカフェ【カフェ・アルコ】で夕食です。

ハントンセット、1,450円。
ハントンライスとは金沢独自の洋食メニューで、写真の通りオムライスにフライを乗せたような、『大人向けお子様ランチ』とでも言いたくなるような料理です。長崎のトルコライスや根室のエスカロップと似たようなものでしょうか。歴史は以外に古く初登場は1960年代だそうです。

実は僕は今回現地で看板を見かけるまで知りませんでした。旅行ガイドブックにも載っていなかったなぁ…。

聞くところによると、ハンはハンガリー、トンはハンガリー語でマグロの意味なんだそうです。エビフライが1尾と魚のフライが2つついていたのですが、魚がマグロだったのかな?マグロは生で食べたことしかなかったのでちょっと判りません。

クセのある食材や味付けではないので、誰でも美味しく食べられると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました