伊豆の国パノラマパーク

伊豆の国パノラマパーク

三津シーパラダイスのある内浦地区から伊豆長岡駅に戻る途中、伊豆の国パノラマパークに寄ってみました。海辺から一気に452mの山の上です。

ロープウェイ

伊豆の国パノラマパークには、伊豆の国市役所近くからロープウェイで上ることができます(三津シーパラダイスなど海辺の内浦地区は沼津市内ですが、そこからバスで内陸に数分走ると伊豆の国市に入ります)。山麓側施設にはロープウェイ乗り場の他、レストランや土産物店があります。

ロープウェイは最大6人乗りの小型のゴンドラが次々に来る形式。混雑していなければ待たずにすぐ乗れます。

ロープウェイは奥の山上まで続いています。
山頂駅まで水平方向に1.7km、標高差400mというかなり長い移動距離を8分で結んでいます。

山頂駅周辺

山頂駅に到着。

パノラマパーク全体図。けっこう広いです。

ロープウェイ駅近くにあるフラワークラフト花富士。名前からすると季節によっては花で覆われたりするんでしょうか。

アスレチックコースもあります。
やってる人はいなかったけど…。

ボードウォーク~展望台

ボードウォーク
山頂駅からさえずりの丘展望台まで250~300mほど散策道が続いています(複数のコースがあって距離が若干違います)。

散策道の終点・さえずりの丘展望台に到着。

いやー絶景かな絶景かな!

こちらは展望台近くの幸せの鐘。カポーで鳴らすとどーのこーのという例のアレです。
全国の観光地で同じネタを見かけると思ったら、なんと『普及させる運動をしている団体』があるんだそうです…。個人的にはバブル~トレンディドラマの頃のセンスのように思うのですが。

山頂周辺

鎌倉時代から地元で信仰されているという百体地蔵尊胸掛けに願いを書いて奉納したり、お願い地蔵に願を掛けて供えたり(左奥の棚にある小さな地蔵)すると御利益があるとか。

足湯もあります。無料です。
方角は山頂の富士山側なので、空気が澄んでいれば足湯に浸かりながら富士山を眺めたりもできるのかな。

このテーブルかベッドか、というほどの巨大な下駄は下駄供養塚
伊豆長岡温泉の旅館やホテルで使われていた下駄を供養するものだそうです。

山頂広場

山頂広場見晴台からの眺め。
ラブライブ!サンシャイン!!第2期第10話『シャイニーを探して』で子供の頃の3年生組が星を見に上った場所ですね。アニメでは天気が悪く星が見えない、という描写でしたが、幸い今回はとても天気が良いです。

山頂広場から見える淡島。晴れてはいるのですがガスがかかって遠くはちょっと霞んで見えます。条件が良ければ富士山も見えるはずなのですが。

山頂広場にある源頼朝公像
『鎌倉幕府をつくる前、平治の乱で平清盛らと争って敗れた頼朝が伊豆に配流になった』
ということは義務教育の教科書にも載っているくらい有名ですが、その配流の地は広い伊豆半島の中でも現在の伊豆の国市内の蛭ヶ小島だといわれています。

※名前は『島』ですが離島ではなく、平地の小さな丘または川の中州を島に見立てたもので、
※現在の伊豆箱根線の韮山駅近くです。
※信頼できる史料による裏付けはないようです

茶寮

最後に、山頂広場にあるかつらぎ茶寮生いちごフローズンパフェ700円でひと休み。
テラスから下界を眺めながら。ちょっと風が冷たいですが。

データ

Webサイト伊豆の国パノラマパーク公式サイト
アクセス伊豆箱根線 伊豆長岡駅よりバス『三津シーパラダイス』行き、『伊豆の国市役所』下車徒歩2分
開園時間・ロープウェイ
夏期(2/16~10/15):09:00~17:30(上り最終17:00)
冬期(10/16~2/15):09:00~17:00(上り最終16:30)

・山頂施設
夏期(2/16~10/15):09:00~17:00
冬期(10/16~2/15):09:00~16:30

・山麓施設
夏期(2/16~10/15):09:00~17:50
冬期(10/16~2/15):09:00~17:20

・パノラマダイニング(山麓のレストラン)
通年:10:00~16:00(最終受付15:00)
料金・ロープウェイ乗車料金
往復:中学生以上2,000円、小学生1,000円
片道:中学生以上1,200円、小学生600円

コメント

タイトルとURLをコピーしました