« »

加賀屋

最高ランクのホテルに宿泊?!

加賀屋は和倉温泉にあるホテルです。和倉温泉どころか全国でも最大級の規模を誇り、旅行新聞社が主催する『プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選』で総合1位をとり続けているなど、文句なく日本最高ランクのホテルの1つといえます。

僕は普段、宿泊については『寝ている間、常識程度の安全が確保できればいい』という欲求しかないため、安いビジネスホテルにばかり停まっています。しかし!今回はこの加賀屋に宿泊することになりました!ちゃんと仲居さんがいて世話してくれるような旅館に泊まるのはほとんど初めてです。設備も大がかりでいろいろビックリでした。せっかくの機会なので目一杯楽しまなくては!

和倉温泉に到着すると、駅前に送迎バスが迎えに来てくれています。
以前和倉温泉に来た時には路線バスでの移動だったので、はるかに楽。

到着。とにかく建物がデカイ。3階建て以上の建物がほとんどないこの地域では、8~20階建てのビル4棟からなる加賀屋はとにかく目立ちます。

施設の規模にビックリ

4階まで吹き抜けのショッピング&アミューズメントエリア。ホテル内の売店という規模ではありません。ららぽーとのような大規模ショッピングモールにみえます。

土産物などを扱う店が並ぶ商店街。とにか広くて道に迷いそう。

展望エレベーターがビルの内部にあるって、洋画ではよく見かけますが僕の行動範囲ではほとんど見たことがありません…。

ゲームセンターもありました。
1曲太鼓を叩いていこうかという衝動に駆られましたが今回はパス…。

客室はこんな感じ

北陸地方で一番有名なホテルだけあって、けっこうなお値段。
その中では一番安い部屋を予約していたのですが、急なキャンセルでもあったのか値段そのままで部屋をグレードアップしてくれました。

本来は10畳1間のはずが、おまけの部屋が…

夕食も豪華

高級ホテルでの夕食。和食を部屋で頂きます。

前菜は干し口子(海鼠の卵巣)、烏賊海女漬け、なまこ酢能登娘添え、鰤いしる焼き、梅貝旨煮、蓮根餅湯葉巻、牛蒡七日炊き、むかごカステラ、胡桃甘露煮。

前菜と一緒に出てきた酢物(ズワイ蟹酢)。

お造り(盛り合わせ10種)と先吸物(蕪すり流し、甘海老つみれ)。
お造りはデフォルト5種盛りなのをオプションで+5種してます(食いしん坊)。
美味しかった-。

煮物(合鴨治部煮)、留椀(蟹と岩海苔の味噌汁)、ご飯、香の物。

台物(海鮮いしるみぞれ鍋)。
いしるは石川県の名産品ですね。

焼物(和牛朴葉焼き)。味噌味の焼肉。

蒸物(百合根饅頭蟹あん掛け)。

デザート(能登ミルク豆腐能登大納言)。

デザートその2。甘党なのでデザートグレードアップのオプションをつけたのですが、『より豪華なデザートがでてくる』のではなく追加でもう1品デザートが出てきました。地元出身のパティシエのケーキだそうです。

いやー美味しかった!

ショーを楽しんでみたり

普段あまり贅沢しないのですが、やるとなったら徹底的になんでもやってみるのがウチの流儀。
せっかくなので館内で開催されるショーも観てみようかと予約してありました。
前日までに予約するとドリンク1杯無料サービスということで、普通ならオッサンはお酒なんでしょうが、僕は下戸かつ甘党なのでクリームソーダ。

早めに事前予約したということで舞台かぶりつきのシートに案内されて連れ全員目が点に。
『早かった』と言っても宿泊の3日前くらいなんですけど…みなさん土壇場で予定を決めるんですかね??
そしてステージ開演。前半は和風の衣装で。

後半はドレスなど洋装での公演。
出演者が全員女性なので宝塚っぽいです。

最後に加賀屋のオリジナルテーマを歌唱。
…ってCMソングじゃなくてテーマソング!そんなものがあるんだ!

なんというか、カルチャーショックでした。

« »

コメント

タイトルとURLをコピーしました