唐沢山城 その5(東側エリア/車井戸~金の丸)

車井戸

さらに奥へ進みます。
社務所の横を進むと、城の東側の領域への抜け道があります。

道の途中にある【車井戸】。茶の湯に使用された井戸だそうです。
別名【がんがん井戸】、深さは25mもあるそうです。

中を覗き込んでみましたが、水面は確認できませんでした…。

金の丸

車井戸の柵へ進むと、【長門丸】と【金の丸】の間に出てきます。

【金の丸】
別名【平城】。
かつては宝蔵があったことから【宝蔵曲輪】ともよばれているそうです。
左の建物は【金の丸ロッジ】。唐沢子供会の教育につかわれているということですが、僕がいった時には中には人がいないようでした。

金の丸東(ロッジの裏手)には土塁が残っています。

土塁の切れ目から次の【杉曲輪】へ行けます。
もとは金の丸と杉曲輪の間には堀切があったのですが、現在はこの写真で判るとおり埋め立てられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました