« »

ロックハート城 その1

西洋のお城も観たい!

城巡り番外篇、西洋の城【ロックハート城】です。

ロックハート城は、イギリスから移築された本物の貴族の邸宅を中心としたテーマパークす。ヨーロッパ風の独特の外観から映画・ドラマ・MVのロケにもよく利用されています。以前から一度は行ってみたいと思っていたのですが、とにかく自宅から遠い!しかし今回の群馬真田三城攻略の計画中に攻略予定の1つである沼田城と近い(最寄り駅が同じ!)ことに気付き、旅程に組み込むことしました。

ロックハート城公式サイトには、公共交通機関でのアクセス方法は『上越新幹線【上毛高原】駅またはJR上越線【沼田】駅からタクシーを利用』としか書かれていないのですが、実は沼田駅から路線バスで行くことが出来ます。ロックハート城の開館時間中に現着するのは1日3本しかありませんが、そのうち1本が開館直後の9:10着。これを利用しない手はありません。

実は前日の最後の見学地が後閑だったのに、いろいろあって…まぁ直前に思い立った旅行なので沼田市内のホテルが取れなかっただけですが…宿泊が高崎市内になってしまいました。バスに間に合う時間に沼田にたどり着くためにけっこう早起き(苦笑)。

というわけで、朝8:30頃に沼田駅に到着です。生憎ちょっと曇ってしまって建物撮影にはコンディションがよくないですが、降水確率は低く暑くも寒くもなく遊ぶには充分。沼田駅にはこの日程で初めて駅コインロッカーもありました!ロックハート城→沼田城と夕方まで散策をつづけても披露せずに済みそうです。

バスは普通の路線バスです。沼田駅からロックハート城まで20分ほどかかるのですが、前半で市街地を抜けてしまうとあとはずっと山登り。窓の外に建物が見えません。駅周辺は標高330mほどでロックハート城はいちばん低い駐車場で標高700mほど。なんと400m近く上っています。運賃は590円だったかな。PASMOは使えませんでした。これから行く方は小銭の用意を。

【ロックハート城前】バス停に到着!
…すみませんウソです。この写真は帰る時にとりました。朝はこんなに車が多くなかったです。

ここで見えている建物もお城っぽい形ですが、ただのグッズショップ兼出口です。

突入!

エントランスはこちら。施設規模の割りには小振りな印象です。

入ってすぐのあたりは林の中に建物がぽつりぽつりとある感じ。
写真左手前の建物が【サインギャラリー】、奥が【ハートバザール】。城本体の方へ行くにはハートバザール前を上っていきます。

サインギャラリーの中には、ロックハート城を訪れた芸能人・著名人のサイン色紙が。映画やテレビ番組、MVなどの撮影で訪れた人が多数。

一枚だけカラーで描かれた色紙がありました。ってよく見たら i☆Ris じゃないかこれ。
MVの撮影だったようです

ハートバザール(グッズショップ)の前を上っていきます。

ハートバザールを通り抜け、この階段を上るとお城エリアです。

門番(?)の騎士に多数の小さなハートが飾られているようにみえますが、実はこれはショップでハート絵馬として売られているもの。来訪者があちこちにつけていて、園内各所で目にします。

【スプリングベル(塔)】と【恋人の泉】のある小さな広場(って日本語が変?)。
日本の城の枡形のような使い方をするのかな、と思ってしまったのですが、本当のところはどうなんでしょう…。

【恋人の泉】
一応飲める水質らしいのですが…
なんつーかブラシを持ってきてゴシゴシやりたいような…。

そしてとうとうたどり着きました、ロックハート城前の広場!
辺りを見回すと、正面のロックハート城のほか、教会やレストランに囲まれています。

ロックハート城は、もとはスコットランドに建っていたものを俳優の津川雅彦氏が私費で購入、日本に運んできたものです。正確にはこの建物は『城』ではなく、カントリーハウスと呼ばれるタイプの貴族の邸宅だそうですが、さすが本物を移築しただけのことはある重厚感!

まだ9:30と早い時間帯のせいか、ほぼ無人の状態で撮影できました。

« »

コメント

タイトルとURLをコピーしました